空き家に関する相談会!

近年、人口減少、少子高齢化とともに空き家の増加が社会問題になっています。総務省統計(平成25年度)では、全国の総住宅数は6063万戸,空き家数は830万戸、空き家率は13.5%です。つまり、年間約20万戸の空き家が増えており、このままでは平成32年頃には1000万戸が空き家という計算になります。

ではなぜ空き家は増えているのでしょうか。

空き家所有者の7割以上が、売買・賃貸などの活用や不動産業者、プロへの相談をすることもなく、特に何もせずに放置してしまっているというアンケート結果があります。 多くの場合が、実家などを相続はしたものの、どのような選択肢があるのか、誰に何を相談すればよいのかなど、わからず迷ってしまっている、というケースが多いのです。

たとえば実家を離れて、都会に出て就職し、結婚、そのまま都会に住んでいる状況下で、田舎の両親が亡くなり、その自宅を相続するとします。そのタイミングで地方の実家に戻って生活することはなかなか難しいでしょう。ですが、小さい頃生まれ育った家をすぐに売却したり、取り壊す気にはなれない。中には遺品の整理さえできず、気づいたら2〜3年が経っていたということも珍しくありません。

そこで、お盆や年始年末の親族の集まる場として、残しておく。 こうした田舎の家がいま増えているからこそ、賃貸用でも売却用でもない戸建ての空き家が増えていると考えられます。

また、上記のような理由で、所有者が空き家を放置していると近隣トラブルの原因になる可能性があります。放置された空き家から異臭や倒壊による交通の妨げ、近隣住居の破壊など、様々なケースが考えられます。

とは言うものの、わたしたちが、普段生活している上で空き家が及ぼす影響はあまり感じることはないのではないでしょうか。自らが、そのような状況にならない限り、考えもしないことなのではないでしょうか。上記のような統計、ストーリーがあるとしても、それはそれとして線引きして日常を過ごしているのが実際のところだと思います。

そこでここでは、空き家に関する困った体験談を紹介しています。空き家について他人事ではなく、より身近に感じてもらい、自らが同じような状況に陥った場合に少しでも手助けになればと思います。


GetMoney